NPO法人と助成金

NPO法人の特徴と任意団体との違い

NPOとは「Nonprofit Organization」の略で、広義では非営利団体を指しますが、一般的には特定非営利活動法人をいいます。
NPO法人というのは、「特定非営利活動促進法」に基づいて設立された法人です。非営利活動を行なう団体には任意団体がありますが、こちらは法人ではありません。

 

両組織の最大の違いは、法人であるか否かなのです。任意団体は自由に設立することが出来ます。それに対しNPO法人は、法律に定められた諸手続きを行い、申請書を所轄官庁に提出し、認証を受けなければなりません。
定款・役員名簿・社員名簿(10人以上)・設立趣意書・財産目録・事業計画書など、設立にこぎつけけるまでには多くの事務的な処理が求められます。もちろん法人になることで得られるメリットも多大です。団体名義で、銀行口座を開いたり、活動資金を借入れたり、事務所などの賃借契約を結んだりと、経済行為が出来るのです。

 

主体的にさまざまな経済活動ができるので、組織の基盤を強化することができます。任意団体は、主体となってこのような経済行為をすることが出来ません。しかし法人になると、株式会社などと同様に、団体を運営していく上での責務も課せられます。まず会計処理と納税義務です。

 

NPO法人向け会計基準も適用できますが、それでも煩雑なことに変わりはありません。また活動するために人を雇い入れると、雇用契約や社会保険・労働保険などの手続きを行なわなければなりません。このような事務手続きは後回しに出来ないものですが、知識がないと何をいつどのように処理すればよいのか、戸惑うばかりになりがちです。
WEB上には、そのようなNPO法人を支援する組織もありますし、税理士や社会保険労務士などがホームページ上で質問に回答していますから、それらを参考にして法人としての体制を整えると良いでしょう。目的を達成するためには、まず法人としての基盤固めをしっかりさせることが重要です。