NPOへの助成金の情報はどこで得るか

NPOへの助成金の情報はどこで得るか

NPOとは、特定非営利活動活動法人のことです。民間企業だと利益を追求することが目的ですが、特定非営利活動法人は利益を出すことを目的とせず、慈善活動や福祉活動、国際協力、教育、消費者保護、子どもの健全な育成活動等を目的としています。

 

しかし、これらの事業をするには資金を必要とします。では、利益を求めない団体で活動資金はどのようにして集めているかというと、NPOの収入源の柱は主に4つほどあります。
寄付金、助成金、会費、事業収入が主な収入源となります。NPOを設立して間もない時期は、知名度もないので寄付金は集まりません。設立初期は、団体の理事や理事長の持ち出しではじめは活動するケースが多いです。会費についてですが、その団体の活動や理念に共感する人が増えれば会員になりたいという人が増えてきて、活動を支援したいというファンが増えてきます。
しかし、活動を長く続けていないとなかなか会員から会費のみで運営してくのは、難しく時間がかかります。そうなると、活動初期の段階で一番活動資金として集めやすいのは助成金になります。

 

助成金とは、基本的に返還不要のお金で、行政や民間企業が、例えば震災の復興事業のためにガレキ撤去をする団体に資金を提供するなどという事業をやっていることがあります。こういった企業や行政に、NPO団体は事業の計画書や申請書を提出して、採用されると助成金が交付されるという仕組みになります。

 

どこで情報を得るかというと、インターネットで助成金と検索すると一覧がでてきます。また、県庁や市役所等に問い合わせると、その地域で活動をする団体の活動を対象とした補助金交付という制度もありますので問い合わせることで情報を得られます。
申請すれば、かならず活動資金が得られるというわけではなく、綿密な事業計画や見積書を提出しなければなりません。活動資金をもらったらそのままというわけではなく、活動の途中経過の報告や活動に使った資金の領収書等添付で報告等をしなければなりません。