NPOの助成金を受けるためには

NPOの助成金を受けるためには

NPOの助成金を受けるには、まずその性質を知らなければなりません。
助成金の長所は、まとまったお金が調達できる、団体の信用度があがる、助成元から資金以外の提供を受けることができるというメリットがあります。NPOの活動には資金が必要ですが、活動資金を寄付金で集めるとなるとその団体が、知名度が低いとなかなか集まらなかったり、いくら集まるのかもわかりません。
一度資金の助成を受けると、また申請するときに過去に助成された実績があるということで、通りやすくなります。また、活動場所を探していることで悩んでいるときに助成元から会場を無料で貸してくれる等メリットがあります。

 

助成金には長所だけでなく短所もあります。まず用途が限られます。主に事業助成に対して資金が提供されるので、管理費が出ないことが多いです。助成金は、単発・単年度が多く、助成終了後の活動継続が困難になりがちです。
また100%助成ではなく一部自己負担が求められる場合もあります。助成金によっては、清算払いのタイプもあるため、事業費を立て替えないといけない場合もあります。決められた会計処理・報告提出も求められます。これらを理解したうえで助成金は申請しなければなりません。

 

助成金を探すには、インターネットで調べるのが一番早いです。募集要項を読んで、助成の対象になる活動と自分たちのNPO団体のやる活動が一致している助成団体を探します。そして、募集ページから申請書を印刷して事業内容、計画、予算を書いていきます。助成団体によっては、説明会を開いているところもあるので、説明会に参加して不明な点は質問をします。助成金を書き終えたら、誤字脱字がないかチェックして、活動専門外の人が読んでも分かりやすい内容かどうかを確認してもらいます。
申請が通ったら、助成金が振込み等で提供されることになります。今回助成金が通ったから、また次回も助成金が通るとは限りません、助成終了後の活動はどうするかということも考えて申請しなければなりません。